こんにちは、ゲーム道の主です。
マリオのコースを自由に作れることで話題となったスーパーマリオメーカー。
しかし、そのマリオメーカーにも3ds版とwiiu版で大きな違いがあります。
3ds版はwiiu版の移植ですから、それなりに制限がかかるわけです。
いったいどんな変更点があるのでしょうか?
そういうわけで今回はマリオメーカー3ds版とwiiu版の機能の違いを紹介します!

マリオメーカー3ds版とwiiu版の違いを紹介!

1.コース投稿が出来ない


これがマリオメーカー最大の変更点です。
wiiu版では自分で作ったコースをSNS感覚で自由に投稿できましたね。
しかし、それが3ds版では一切できなくなったしまうのです。
なので、3ds版の「世界のコース」ではwiiu版で投稿されたコースしか遊べません。
「これは痛いな」と思う人もいるでしょうが、移植の都合上仕方のないことです。
自分のコースを投稿したい人は、wiiu版を購入しましょう。

2.コースIDを検索できない


3ds版のマリオメーカーはwiiu版のようにコースIDを使って、遊びたいコースを検索できなくなってしまいました。
wiiu版ではアニソンや人気曲の全自動コースや超難易度のコースが検索できました。
でも、3ds版は遊びたいコースを検索機能なしで探さなければいけません。
好きなコースを探そうと思ってもなかなか見つけれないので、かんたんコースやむずかしいコースからやりたいコースを探しましょう。

3.ヤマムラレッスンがある


マリオメーカーの3ds版にはwiiu版にはないモードが追加されています。
それはヤマムラレッスンというレッスンモードです。
このモードではコース作りが初めてでも手取りやりとりを楽しく学べます。
よいお姉さんのましことコース名人の鳩であるヤマムラといった個性あるキャラが教えてくれるのです。
マリオメーカーはレッスンなしでもコースを作れますが、より面白いコースを作りたい場合はヤマムラレッスンを受けるのをおすすめします。

4.スーパーマリオチャレンジの魅力


wiiu版で代表だった10人マリオチャレンジが3ds版でスーパーマリオチャレンジにリメイクされました。
スーパーマリオチャレンジはワールドが全部で18もあり、任天堂公認のコースが100収録されています。
ただ単にコースをクリアするだけでなく、一定の条件をクリアしてメダルを入手することもできます。
100人マリオみたいに難しいコースはないので、初めての人でもクリアできますよ。

まとめ

ここまで3ds版のマリオメーカーとwiiu版の違いをまとめました。

  • wiiuのようにコース投稿ができない
  • 全自動マリオなどの指定のコースIDを検索できない
  • ヤマムラレッスンでコース作りのイロハを学べる
  • スーパーマリオチャレンジで100のコースをプレイ

この4つの違いこそ、3ds版を買う前に覚えておきたいところです。
厳しいことを言いますが「携帯ゲーム機でマリオメーカーができる?」と思って事前に調べずに買ってしまうと、損することになりますからね。
マリオメーカー3ds版を遊ぶときはwiiu版との違いを把握して楽しく遊びましょう。
最後までゲーム道の記事を読んでくださってありがとうございます。