こんにちは、ゲーム道の主です。
2014年に「マリオカート8」が発売されたのを皆さんは覚えていると思いますが、今年の4月にはその強化版である「マリオカート8DX」が世に出回りました。
といっても、今(2017年7月現在)は肝心のスイッチ本体が品切れ続きで、まだプレイできない人が大半です。
それでもデラックスをやりたい人はごまんといるでしょう。
そういうわけで今回は「マリオカート8DX」というゲームを紹介します!

マリオカートデラックスの魅力とは?

1.マリオカートの脈絡を受け継いだ正当ゲーム

任天堂によくあるリメイク作品は、あまり売れないイメージがありますが、マリオカート8DXは2017年6月で約50万本売れています。
なぜこんなに売れたのかというと、デラックスはまぎれもなく、マリオカート宗家の伝統を受け継いでいるからです。
その伝統とは、アイテムでライバルをやっつけて1位になるという、極めてシンプルなものです。
人間はライバルを倒して勝つことを至上とする生き物ですから、1位になるのは何よりの名誉です。
マリオカートシリーズは、人間の「勝ちたい」という欲求に答えてくれる名作といってもいいでしょう。
さらには、コイン、個性あふれるコース、使えるキャラクターの豊富さが競争ゲームの魅力を一層高めています。
これがマリオカート8DXが人気であり続ける根本的な理由です。

2.ボリューム満点の48コース

マリオカートシリーズは普通なら24コースですが、今回は48コースとその数が2倍になっています。
そのコースは、クッパ城、遺跡、空の上、雪国とバラエティが富んでいます。
ライバルと一位を競うだけではなく、マリオらしい独特の景色を眺めるのもマリオカートの醍醐味です。
中にはファルコン、どうぶつの森、ゼルダの伝説など任天堂ファンが喜びそうなコースも含めています。
マリオシリーズに他の作品の要素が盛り込まれるのは本当に嬉しいことです。
他作品とコラボするには、その作品を制作している会社に許可を取るのが必要ですからね。
マリオカート8DXには、コラボやコースを増やすといった製作者の情熱が注ぎ込まれているのです。

3.上級者向けの200ccも

マリオカート8DXには、シリーズ初とも呼べる200ccモードが収録されています。
簡単にいってしまえば、150ccの強化バージョンと言えるでしょう。
200ccモードはかなり速度が速いので、150cc以上に高度なテクニックが要求されます。
マリオカートを極めた上級者はこの200ccモードに挑戦するのをおすすめします。

4.約5種類のバトルモードと新たな追加ステージ


マリオカート8DXでは、「ふうせんバトル」の他に、「ドッカン!ボムへい」、「あつめてコイン」、「いただきシャイン」、「パックンVSスパイ」の4種類のルールが追加されました。
ルールは1つごとに勝つ条件がそれぞれ違うので、違った駆け引きが楽しめるのが特徴です。
しかも、前作と違ってバトルコースが8種類追加されました。
特にスプラトゥーンのステージはラスト1分になると曲が変わるので、実際のスプラトゥーンそっくりの気分や体験を味わえます。
違うステージで違うルールで遊べるのはマリオカート8DXの面白いところです。

まとめ

ここまでマリオカート8DXの面白い要素を紹介してきました。

  • 「ライバルを蹴散らして1位になる」伝統を受け継いでいる
  • どうぶつの森、リンクをモチーフにしたコースなど、全48種類のバラエティ豊かなコース
  • 上級者しか挑戦できない200cc
  • 5種類のモードと8種類のステージで遊べるバトルモード

この4つをひっくるめてマリオカート8DXはかなり魅力的なゲームと言えます。
スイッチは未だ品切れが続いていますが、近い将来にマリオカート8DXの魅力を体で体感できる日がやってくることでしょう。
最後までゲーム道の記事を読んでありがとうございました。