【マリオカート7】最速かつ効率良いコイン集めを紹介!

こんにちは、ゲーム道の主です。
今となっては懐かしのマリオカート7ですが、実は初代マリカーにしか採用されなかったコイン制が復活した作品。
後継のマリオカート8デラックスに受け継がれていますが、基本的にコインを取れば取るほど速度が速くなる仕組みになっています。
1コースにつき最大10枚まで集められ、ある程度の枚数まで貯まった際に追加パーツをもらえるのです。
そういうわけで今回はマリオカート7で効率のいいコイン集めを紹介します。

マリオカート7でのコイン集め5選

コイン集めは以下のように全部で5選挙げますが、どれも攻略上役に立つものばかり。
管理人自身マリオカート7を6年間やってきたので、これらの方法を生み出すことで少しずつ優位に立ち回れています。
ゲーム自体運要素を含まれているので5選全てをマスターしたからといって必ずしも1位になるとは限りませんが、覚えていないよりはレースを有利に進められますよ。

道中のコインは片っ端から集める


これは5選中初心者の方には一番に身につけてほしい方法です。
なぜなら、コインが一気に最大枚数まで集められるから。
方法として、レースの開幕早々道中に落ちているコインを1枚残さないつもりで集めるべきです。
ロケットスタートすれば、ライバルに横取りされにくいのでよりコイン集めを効率的に行えるメリットも。
長年の体験で分かったことですが、コイン集めの習慣の有無で速度の差に天と地の差が出ます。
それだけで勝負の分かれ目が出るということですね。

コイン配置やコース地形を把握する


コイン集めを徹底するには、配置されている場所やコースの地形をしっかりと把握することが重要です。
「えっ、これできるの?」と戸惑うかもしれませんが、同じコースを何度か走ることで自然と把握が可。
コインの配置場所は常に固定されており、入手しやすいのも1つの特徴。
管理人自身もこの方法を使ってコイン10枚確保しています。
これだけでコイン集めをスムーズに進められるはずです。

アイテムの後ろ配置で自分の身を守る


コイン集めの過程で用心しなければならないのは赤こうら。これをぶつけられてしまうと、コイン3枚失ってしまいます。
最大10枚でも7枚に減ってしまうので大きな痛手。他のアイテムでも効果は同様ですが、上位のプレイヤーを執拗に追跡する点では赤こうらが一番の脅威です。
対策としてアイテムボックスから入手バナナや緑こうらなどのアイテムを後ろに配置して防ぎましょう。Lボタンを長押しで操作するだけでいいです。
赤こうらに当たった場合、後ろのアイテムも消滅してしまいますがこれでコイン損失を防げます。
初心者の方にはぜひ身につけてほしいテクニックです。

トゲゾーこうらをうまく避けよう


1位にとって最大の脅威はもちろんトゲゾーこうら。
当たってしまうと、コイン3枚損失、時間の大きなロス等の大打撃を受けてしまいます。
これを避けるためにも2、3位の相手に1位をわざと譲り渡す策も利用するといいでしょう。
トゲゾーこうらが相手に当たったらそれに巻き込まれないようすぐさま加速し1位を奪還しましょう。
この時まだ10枚に達していない場合は、相手が転倒したどさくさに落としたコインを拾う手もアリです。

コインを失った時の対策を講じる


以上コインの集め方を紹介しましたが、それでもコースアウトしてしまったり転倒してしまう場合があります。
その時は前述した「道中のコインを集める」策を改めて講じなければなりません。
聞く感じ「やけくそだー!」的な方法ですが、やれば意外とできてしまいます。
人生いやレース諦めたらここで終了なので、どんなにコインを失おうとも集めることだけを考えましょう。
そうすることで再び10枚確保できますよ。

まとめ

ここまでマリオカート7での効率的なコイン集めを紹介しました。

  • ロケットスタート直後に道中のコインを隅々までかき集める(できれば1周目がいい)
  • 同じコースを何度かプレイしてコイン配置やコース地形を掴む
  • アイテムを後ろに置いて赤こうらから身を守る
  • 相手にわざと1位を明け渡してトゲゾーこうらを避ける
  • コインを失った後も絶対に諦めちゃダメ!

コインを集める上であらゆる困難が立ちはだかってくるかもしれませんが、上記の方法を覚えれば管理人のように上手く立ち回りができます。
これからマリオカート7をプレイする皆さまはコイン集めを頑張って下さいね。
最後までゲーム道の記事を読んでくださってありがとうございます。