【マリオカート7】絶対に覚えておきたい5つのテクニック集

こんにちは、ゲーム道の主です。
マリオカート7はレースでの順位を競うゲームで、アイテム、テクニックなど勝つための手段がたくさんあります。
今回紹介するのはマリオカート7のテクニック集で、どれもレースを有利に進めるためには必要なものです。
これらは決してマリオカート7だけではなく、マリオカート8デラックスでも使えるドライビングテクニックです。
そういうわけで、今回はマリオカート7のテクニック集を5つ紹介したいと思います。

マリオカート7の5大テクニック集

5大テクニックの中では始まりの時はロケットスタートが、レースの途中ではドリフトやミニターボが必要です。
まずこの二つが欠けてしまうと、栄光ある1位を目指すこととままならないでしょう。
詳細は後述済みなのでぜひ参考にしてください。

ロケットスタート

これはスタート時に絶対に欠かせてはならないものです。
ロケットスタートする方法としては、スタート3秒前からAボタンを長押して、スタート直前にAボタンを一時的に離し、タイミングよく押すことが先決です。
これがなければアイテムでなしでは強いライバルに勝つことはもちろん、タイムアタックで相手のゴーストには勝てません。
まさに、「ロケットスタートなしでは最速ゴールなし」ということです。
インターネット対戦では、ライバルがロケットスタートをマスターしているのが当たり前の光景です。
最速ゴールをしたければ、まずロケットスタートからマスターした方がおすすめです。

ドリフト・ミニターボ

これもロケットスタートと同じく、超重要なテクニックです。
やり方としては、カーブを曲がる際にRボタンを押し続け、十字ボタンを交互に押します。
そうすれば青い炎がタイヤから出ます。
そのままRボタンを離せば、カートの速度が上がります。
さらにミニターボを続ければ、赤い火花が出る「スーパーミニターボ」が発動します。
スーパーミニターボは通常のミニターボよりも速度が速くなるので、プロにとってはぜひ使っておきたいテクニックです。
ミニターボをマスターすれば、カーブを簡単に曲がれるだけではなく、コースアウトする心配もなくなるのです。

ジャンプアクション

これはWiiから引き継がれたテクニックですが、ジャンプ台やぐねぐねと揺れている道路で飛ぶ直前でリアクションを見せ、着地後に一時的に速度が速くなる効果を持ちます。
ジャンプアクションはジャンプ台を飛ぶときにRボタンを押せば簡単にできます。
ただ、タイミング早くジャンプアクションをしてしまうと、遅くなってしまうので、タイミング遅くアクションをしましょう。
また、グライダー飛行時にジャンプアクションを使えば、一時的に速度が速くなるのでぜひとも使っておきましょう。

ショートカット

このテクニックは各コース上に散らばっている近道を通って相手を先にこす方法で、タイムアタックやインターネット対戦では必須の存在です。
ショートカットを可能にするためには、各コースの近道を把握するのみならず、VSやグランプリで何度も通って、ショートカット方法を経験で覚えなければなりません。
バイトやアフィリエイトも同じですが、人は経験があってからこそ、初めてマスターできるのです。
なお、キノコなしでは通れない近道もあるので、スターやパワフルダッシュキノコなどの優良アイテムを積極的に使いましょう。

グライダー操作

マリオカート7では、グライダーで文字通り空を飛べますが、このグライダーにもレースで勝つためのテクニックが隠されています。
グライダーはスライドボタン下で、速度がアップ、滞空時間がダウンします。
逆にスライドボタン上だと、速度がダウンし、滞空時間がアップします。
つまり、グライダーをバランスよく操作することが勝利のコツとなります。
ただ、グライダーポイントの前でタイミング早くジャンプしてしまうと、グライダーが開かずにコースアウトしてしまうハメになってしまいます。
なので、そこは飛び上がると同時にRボタンを押しましょう。

まとめ

ここまでマリオカート7のテクニック集をまとめました。
ロケットスタート、ドリフト・ミニターボ、ジャンプアクション、ショートカット、グライダー操作、以上のテクニックは一回マスターすれば、レースで有利になります。
最後までゲーム道の記事を読んでくれてありがとうございます。