こんにちは、ゲーム道の主です。
マリオカートDSで対戦するには、どんなモードを利用すれば、いいのかご存知でしょうか?
それがダウンロードプレイです。
ソフトの有無に関係なく対戦できる素晴らしい要素がついています。
しかし、それを持っていない人は様々な制約点があります。
今回はプレイ前にマリオカートDSの制約点について知っておきましょう。

ダウンロードプレイでできるコース・ステージ

選べるコースは8コース

ダウンロードプレイで用意されたコースは以下に挙げた8コース。

  • エイトクロスサーキット
  • ヨッシーフォールズ
  • プクプクビーチ
  • ルイージマンション
  • SFCマリオサーキット1
  • 64モーモーファーム
  • GBAピーチサーキット
  • GCルイージサーキット

マリオカートDSには全32コースがありますが、そのうちの4分の1しかプレイできません。
と言っても厳選されているのは、キノコカップとこうらカップのコース。
初めてマリオカートをやるプレイヤーでも簡単に攻略してしまえるほど、難易度が低いです。
製作者の皆さんは、制約点はあるものの初心者への配慮を考えてコースを選んだのでしょう。
ここにも任天堂の魅力が表れています。

ふうせんバトルは3ステージ

レースだけではなく、バトルモードのステージにも制約点が。
普段なら6ステージありますが、ダウンロードプレイの場合、その半分しかプレイできません。
しかも、ランダム制で選択されます。
遊べるステージは以下の通りです。

  • ニンテンドーDS
  • スイートタルト
  • どかんひろば

3種類しか遊べないのはキツイですが、ソフトなしでプレイできるだけでもありがたく思うしかありません。

キャラはヘイホーのみ

ダウンロードプレイの最大の制約点はキャラ選択です。
なんと、ヘイホーしか選べないのです。
どこか、不自由だと思いませんか?
マリオカートDSでは12のキャラが選べますが、ダウンロードプレイでは実質たったの1人、つまり12分の1しか選べません。
コースやステージに比べて数倍制約点が大きいことが理解できたでしょう。
ちなみにヘイホーは、1人プレイでは決して使用できません。
ソフトなしのプレイヤーのみ与えられるキャラなのです。

片方ソフト持ちの場合

様々な制約点があるダウンロードプレイですが、ソフトを持っている場合はどうなるのでしょうか?
ゲーム道の主の経験上、選べるコース・ステージが少ないのはソフトを持ってないプレイヤーと同じですが、キャラクターは自由に選べます。
隠しキャラ攻略で、計12人に増やしたプレイヤーならそのまま使えます。
あなたのほかにマリオカートDSのソフトを持っている人が1人でもいれば、対戦がより盛り上がるでしょう。
全員ソフトを持っているなら、制約なしですよ。

まとめ

ここまでマリオカートDSのダウンロードプレイでの制約点をまとめました。

  • 選べるコースはキノコカップやこうらカップのみ
  • バトルステージはどかんひろば含む3ステージしか遊べない
  • ヘイホー1キャラしか使えない
  • ソフト持ちならキャラを自由に選べる

まとめてみると、マリオカートDSはダウンロードプレイの制約点さえ気にしなければ、ワイワイ遊べるゲームです。
なお、コース・キャラクターをどうしても自由に選びたい人は、DSor3DS本体、ソフトを持っている人と対戦することをおすすめします。
さあ、初心者や上級者のみなさんも対戦プレイで、白熱レースを楽しんで下さい!
最後までゲーム道の記事を読んでくださってありがとうございます。