【マインクラフトPE】最強素材ダイヤモンドが見つからないときの探し方

こんにちは、ゲーム道の主です。
マインクラフトPEでは様々なアイテムが登場しますが、その中でも最強武器を作るのに欠かせないのがダイヤモンドです。
実際にダイヤのツルハシを作ってみましたが、鉄と比べて耐久力に優れ2時間使っても砕けないほど。まさに最強素材です。
この鉱物はマイクラ界では超々レアなアイテムで滅多にお目にかかれないもの。
金や鉄、石炭と比べても出現頻度は非常に低いです。そのため、ダイヤモンドが足りなくて素材が作れない事態に出くわすのが普通です。
もし、あまり見つからない時にどのような対策を取ればいいのでしょうか?
今回はマインクラフトPEでダイヤモンドの探し方を取り方も含めて紹介します。

●…脱出用
☆…探索用

マインクラフト最強素材ダイヤモンドの探し方


マインクラフトPEのダイヤモンドは管理人の経験上「大体大洞窟最深部の溶岩地帯」のみ見つかります。
しかし溶岩地帯といっても大量に取れるわけではなく、わずかに点々としか確認できません。
ダイヤが珍しいと言われることも納得できるほどの希少さですね。
つまり、ダイヤモンドを見つけるには溶岩地帯を探すしかないのです。
溶岩地帯は足場が少なくともツルハシで足場作らないといけないほどの秘境。

溶岩を見つけるために隅々まで捜索する


溶岩地帯は普通の洞窟には存在せず、大洞窟にしか見つかりません。
マインクラフトの大洞窟は我々の想像を超えるほど大規模でまるで一つの迷宮のよう。
最初は溶岩地帯の場所が分からないので、ガチで徹底的に隅々まで散策するのが一番の探し方です。
時間がかかりますが、探すうちに暗闇の中で松明もないのに光っている部分が見つかると思います。
それがダイヤモンドが存在する印。すぐに見つけれたら溶岩に気をつけながら降りましょう。

準備アイテムをあらかじめ用意しよう


マインクラフトPEの洞窟探索には事前にアイテムの準備が必須ですが、特にダイヤモンドの探しの場合はより万全な状態を整えなければいけません。
必要なアイテムは以下の通りです。

  • 作業台(鉄のツルハシや棒、松明を作る) ●☆
  • 鉄のツルハシ(ダイヤモンドやレッドストーン、石を早い速度で切り開く) ● ☆
  • 石のツルハシ(鉄の代替えとして使う)
  • 松明(真っ暗な洞窟を明るくし道しるべとしての役割を果たす) ● ☆
  • かまど(鉄鉱石を鉄に、金鉱石を金に変える) ☆
  • 丸石や木の棒、鉄(鉄のツルハシやシャベルの材料) ●
  • 石炭(松明の材料) ● ☆

以上のアイテムはどれも用意すれば洞窟探索がスムーズに進む便利グッズ。
後は、道具を器用に駆使しながら溶岩、ダイヤモンド探索をするのみです。

脱出用のアイテムも用意する


大洞窟は常に真っ暗なのでなんの準備もなく入るとたちまち出口がわからなくなる事態に。
しかも、迷路のように入り組んでいる、地上からかなり深いと松明を頼りにしない限り戻れなくなってしまいます。
そこで以下のように脱出用のアイテムを用意しましょう。

  • 松明(これがないと脱出する際に道がわからなくなる) ● ☆
  • はしご(最深部から一気に真上から頂上に出れる) ●
  • 石、鉄のツルハシ(脱出用の通路を作る) ● ☆
  • 作業台(松明やツルハシを作る) ● ☆
  • 木の棒や丸石、石炭、鉄(脱出用の素材) ● ☆
  • 地図(拠点の位置を確認するため) ●

せっかくダイヤモンドを見つけても出られなくなったらもともこうもありません。なのでこのように道具を一式揃える必要もあります。

鉄のツルハシがダイヤモンド唯一の取り方


ダイヤは原則「鉄のツルハシ以上」ではないと絶対に取れません。なので、石や木のツルハシを使っても取れないどころか粉々に砕けるだけです。
鉄のツルハシ制作には鉄3つと木の棒2つあります。問題の鉄ですが原料の鉄鉱石が大洞窟には豊富にあるので見つけたら欠かさず掘ってください。
洞窟潜入前にあらかじめ作っておくのが無難ですが、潜入中に足りなくなった場合、作業台を持ってきてその場で作る手もありです。
材料コストが減らしたいなら、エンチャットで耐久力を上げるのがおすすめ。

溶岩に落っことさないように足場を作る


ダイヤモンドは溶岩の真上に埋まっている場合もあります。(というかその場合の方が多いです。)
確実に取るために丸石などを足場として利用しましょう。必ずダイヤモンドが埋まっているマスの真下に設置して下さい。
もし、設置せずに掘ると溶岩の底に落ちてしまい入手が不可能です。
足場がない場合は、壁を掘って丸石を入手するのがおすすめ。

いらないアイテムは捨てるように


ダイヤモンドを取るためには、あらかじめいらないアイテムを捨てる手も。
ここでいう要らないアイテムは土と丸石などです。
もし、バックが満タンだとダイヤが取れない状態が発生してしまいます。
探索中で必要なアイテムで満タンになった場合、洞窟を一旦出て近くの拠点のチェストに収納する手も。
収納後にもう一度ダイヤモンド探索に出かけましょう。

まとめ

ここまでダイヤモンドの探し方や取り方を紹介しました。

  • ダイヤモンドは大洞窟の溶岩地帯のみ存在する。
  • 溶岩地帯を発見するために大洞窟を深部まで徹底的に捜索する。
  • 作業台や鉄のツルハシ、かまどなどダイヤ探しの道具を万全に用意しよう。
  • 脱出用にはしごや松明など予め用意しておく。
  • 鉄3つと木の棒2つで出来る「鉄のツルハシ」で必ず取る。
  • 溶岩に落ちないために真下に足場をあらかじめ作っておく。
  • 丸石などいらないアイテムは捨てよう。

ダイヤモンドは最強アイテムを作るのに欠かせない素材。
故に希少アイテムなので、探す時は万全な状態を整えましょう。
最後までゲーム道の記事を読んでくださってありがとうございます。