マインクラフトPEで初日の夜の前に最初にやること5ステップ

こんにちは、マフラーマンです。
世界的な人気ゲームであるマインクラフト。そのスマホ版としてPEが発売されています。
基本的に始めるときはチュートリアルなしで進めていくことになるので、やり方が分からないときがあります。
しかし、1日目の夜は外全体ゾンビ含めた敵キャラが多く出現。なんの備えなしではすぐにやられてしまうのがオチ。
そこで、今回はマインクラフトPEで最初の夜が来る前にやることを5ステップに分けて紹介します。

マインクラフトPEで最初の夜にやること

今回紹介する5ステップはどれも過酷な夜を生き延びるために必要なこと。
一つでも欠けていたら、この世界で安心して暮らすのは不可能です。
皆さまもこの試練を乗り越えて居心地の良い朝を迎えましょう。

第1ステップ:種セレクトで村を選ぶ


マインクラフトでは新しい世界を作る際に設定を自由に変更できます。
そもそもこのゲームを始める上で住居の確保は大前提。洞窟を使って住居にする方法もありますがまれにモンスターが湧いてしまうことも。
そこで種セレクトをする際に村と書かれたものを選びましょう。(例:要塞村など)
何故なら最初の地点から村までの距離はあまりないから。住居が多いエリアをいとも容易く見つけてしまうことができるのです。
村を見つけたら速攻で訪問しましょう。
村人まで確保できてしまうのでもう一石二鳥ですね。孤独感を紛らわせますね。
それほど村のメリットはマインクラフトのファンにとってかなり大きいのです。

第2ステップ:最初の住居を確保しよう


村に着いたら最初に既存の住居を確保することが大前提。わざわざ一から作らずに拠点にできるメリットがあります。
住居の大きさはそれぞれ違いますがそれなりにスペースを確保したいなら、大きな家を選びましょう。
木造建築でしかも最初からドアが付いているなら初めてたてのプレイヤーにとって大きなメリットです。
ゾンビが踏み込めない安全地帯をいち早く確保できますからね。
防衛点でいえば、住居の確保は最初のやることで一番重要なミッションです。

第3ステップ:近くの木から木材を入手


拠点を確保してからは、村の近くにある木を全部伐採しましょう。
木は丸石と同じく手に入れやすく、かつ木材や武器や階段、作業台、ベット作成に必要な素材。
つまりこれがなければ何も始まらないどころか最初の夜を乗り越えられません。
木材には様々な種類がありますが、まずは一番手に入れやすい樫から入手しましょう。
伐採によって木や木の苗を入手できますが、この時は斧がないので素手で取るしかありません。
木を20?30個入手したら夕方の前に村へと戻りましょう。
時間に余裕のある人は植林場を作るのも構いますん。

第4ステップ:木材で作業台を作ろう


住居に戻ったらベットを作るための作業台を製作しましょう。
木1つで4つの木材作成が可能。作業台には木材4つ必要なことを考えると少なくとも木を1つでも確保することが大前提です。
木1つなら第3ステップを参考にすれば、1分足らずで確保できるでしょう。
難しそうに見えてもやってみれば意外と簡単です。
このアイテムが完成すれば、後はベットを作るのみ。最初にすることもラストスパートに迫りましたね。

最終ステップ:ベットを作る


ベットは文字通り夜に寝て朝になれば自動的に起きる仕組みを持ったアイテム。
つまり、最初の夜には絶対に必要なアイテムです。
ベッドの種類はバリエーション豊かですが、体験上一番手に入れやすいのが白のベッド。
何故なら原料の一つ白のウールが取れる白ヒツジは村近くに多く生息しているからです。
ベッド制作には白のウール3つ(ヒツジを3匹倒す)、樫の木材3つ(原料の木は1つ)必要。
5ステップの中で一番難しい方法ですが、必ず挑戦して下さい。それさえ完了すれば最初にやることはなにもありません。

まとめ

ここまでマインクラフトの最初の夜でやることまとめました。

  • 住居を効率よく確保するために種の選択で「要塞村」など村がある程度近くにある場所を必ず選ぶ。
  • 木材の原料木を確保するために村から一番近い木を伐採する。
  • ベッドを作るためには木材3つや白のウール、作業台を作るために木材3つ必要。つまり、羊3匹倒し木を2つ確保しなければならない。

以上のことを確認すれば、敵の脅威から身を守れる場所をひと通り確保できます。
マインクラフトを始める上で安全基盤を整えることは必要ですね。
最後まで当サイトの記事を読んでくださってありがとうございます。