ポケモンGOで捕まえられるポケモンはリザードンのように三段階に進化するタイプや、ナッシーのように二段階に進化するタイプが大半です。
しかし、イーブィは条件によって進化する際にそれぞれ違う姿に変わる特殊なポケモンです。
そのため、進化先であるシャワーズなど欲しいポケモンが欲しい場合は、「みずのいし」を持たせるなど指定の条件に従う必要があります。
そんなわけで今回はイーブイの進化先を決める方法を紹介します。

イーブイの進化先を指定する方法

1.シャワーズ、サンダース、ブースターの進化条件と注意点

イーブィをシャワーズ、サンダース、ブースター、の3つの強力ポケモンのうち、1匹に指定してに進化させたいなら、まず進化先の指定の名前をつける必要があります。
シャワーズの場合は「ミズキ」、サンダースの場合は「ライゾウ」、ブースターの場合は「アツシ」と名前を変更して下さい。
そうすれば、イーブイは指定先にきちんと進化してくれます。
シャワーズは特にCPやHPがかなり高いので、強いポケモンが欲しい人はシャワーズに進化させることをおすすめします。
しかし、ここで気をつけて欲しい点が一つあります。
それは進化先の指定が「各1回」しかできないことです。
2回目以降はランダムでの進化となります。
初心者からしてみれば、受け入れがたい事実ですが、このルールは絶対に守って下さい。
イーブイを「ミズキ」の名前にしたのに、ブースターに進化してしまうと戸惑う人もいますが、それは2回目以降の進化であることが大半です。
私もその事実を知らずに、なんでイーブイがランダムに進化するのか混乱していました。
なので、イーブイを進化させたい人はこの注意点を覚えて下さい。

2.エーフィ・ブラッキーの進化条件と注意点

イーブイは今年の2月17日の大型アップデートによって、エスパータイプのエーフィ、あくタイプのブラッキーに進化できるようになりました。
しかし、エーフィやブラッキーにも特定の進化条件があります。
シャワーズなどイーブイの進化系ポケモン同様「各1回だけ」名前を変えるだけで進化先を指定できます。
エーフィなら「サクラ」、ブラッキーなら「タマオ」に名前を変えて下さい。
2回目以降は2つの条件を満たす必要があります。

  1. 相棒に設定して10km歩く
  2. 相棒に設定したまま指定の時間に進化させる

エーフィの場合は朝・昼の時間帯に進化させ、ブラッキーの場合は夜に進化させます。
シャワーズ・サンダース・ブースターのようにランダムで進化しないので、そこはきっちりと覚えて下さい。

3.イーブイを進化させる準備

イーブイは1匹の進化につきあめが25個必要です。
単純なことですが、イーブイをたくさん捕まえてきて下さい。
イーブイはポッポやオタチと比べて出現率が低いです。
しかし、ミニリュウやヨーギラスのように滅多に出現しないわけではないため、根気よくプレイすれば進化用のあめは自然と集まります。
これくらい準備しておけば、イーブイを大量に進化させる基盤は固まったはずです。

まとめ

ここまでイーブイを指定先に進化させる方法をまとめました。

  • シャワーズ・サンダース・ブースターは1回目は名前の変更で進化するが、2回目以降はランダムで進化する。
  • エーフィ・ブラッキーは1回目は名前の変更で進化するが、2回目は相棒に設定して10km歩いた上、指定した時間に進化させる。

この条件を守ればイーブイを指定先に正しく進化させられます。
この記事を読んだプレイヤーはイーブイの進化方法を覚えてくれれば幸いです。