こんにちは、ゲーム道の主です。
スイッチの品切れも続いている頃ですが、ポケモンgoが密かにブームになっています。
今年の8月にポケモンgoパークが開催されましたよね。
ポケモンgo初のイベントなので、わざわざイベント会場に行ってきました。
ポケモンgoパークから1ヶ月経つのまで今さら感が残りますが、実際行ってみて楽しかったので入場方法と入場した感想を書きたいと思います。

ポケモンgoパーツの入場・感想

1.開催場所と入場方法

皆さんが知っているようにポケモンgoパークは8月9日から15日の一週間にかけて開催されました。
開催場所は横浜で、赤レンガ倉庫はカントー地方、カップヌードルミュージアムパークはジョウト地方のポケモンが捕まえられるところです。
しかも入場はタダなので、行きたい人は誰でも入れます。
会場には尋常じゃないくらいの人数がおり、入場券無料のありがたさが分かります。

2.バリヤードなど珍しいポケモンゲット!

ポケモンgoパークでは普段はお目にかかれない珍しいポケモンに会えました。
その種類はバリヤードにオドシシ、ミニリュウ、ワンリキーカントー地方とジョウト地方の御三家など数え切れないです。
特にバリヤードが横浜で捕まえられたのは嬉しかったです。
バリヤードは海外にしか出現しないポケモンで、日本国内ではゲットできません。
CPが低く戦力には不向きですが、バリヤードをゲットできたのは図鑑完成の過程としては大きな一歩です。
また、ワンリキーは攻撃役として重宝できるので、何十匹も捕まえました。
今はカイリキーに進化させており、我がポケモンの主力になっています。

3.ハピナスをゲットできた業績

特にラッキーを捕まれられたのが嬉しかったです。
ラッキーは超がつくほどのレアポケモンで、出現率は1%よりも低いです。
その進化系であるハピナスは、HPが全ポケモンの中で一番高く、鉄壁と謳われているほどです。
進化させたら、大戦力になるから必死の思いであめを100個集めました。
無事にハピナスに進化させられたので、私としても満腹になる程大満足です。

4.ポケモンgoプラスが大いに役に立った

ポケモンgoパークはポケモンが画面上に10匹以上出現するので、手動だと捕まえまるのに時間がかかります。
そこで事前に準備したポケモンgoプラスを使いました。
ポケモンgoプラスは、センサーが感知すれば、ボタンを押すだけでポケモンやモンスターボールがゲットできる優れものです。
ポケモンgoパークでは、私はそれを使って半自動でポケモンを捕まえました。
別に画面を見なくてもポケモンを探知してくれるので、負担が軽減されます。
楽をして捕まえたい人にとっては、ぜひ欲しい一品です。

5,モンスターボールをいっぱい持っていないとしんどい

ポケモンgoパークでは全200個と半端じゃないほどのボールを使いました。
会場では1時間だけで捕獲に100個も使ったので、ボールがなくなるのが問題です。
錦糸町のポケスポットと比べてもその減りようは尋常じゃありません。
ボールが50個だけだったら、30分で底をついていたでしょう。
ある意味ポケモンgoパークは凄いイベントでした。

まとめ

  • ポケモンgoは横浜開催で無料で入れるところ
  • バリヤードなど普段は捕まえられないポケモンをゲット
  • 超レアポケモンのハピナス獲得が大満足した
  • ポケモンgoプラスがレアポケモンの捕獲に役立った
  • モンスターボールは錦糸町の倍使う

ここまでポケモンgoパークに入場する方法や感想をまとめました。
ポケモンgoパーク遠征は疲労感が半端なかったものの、ハピナスなどレアポケモンを捕まえられたこともあり、全体的に大きな収穫になりました。
次のポケモンgoイベントでカビゴンやミニリュウが大量出現してくれれば喜ばしい限りです。
最後までゲーム道の記事を読んでくださってありがとうございます。