こんにちは、ゲーム道の主です。
ポケモンのサンムーンでより強いポケモンを生産するには、タマゴを作ることが必要不可欠です。
タマゴを作るのは、種族を合わせならなかったり、オスメス両方揃えなければいけなかったりとどこか難しい印象を受けます。
しかし、メタモンを使えば、オスメス片方のポケモンだけでも簡単にタマゴを産むことができます。
そんなわけで今回はメタモンの入手方法を一挙に紹介します!

メタモンを手に入れ方を紹介!

1.まずウラウラ島のホクラニ岳に行こう!

「」に書いてあることですが、メタモンを捕まえたいならウラウラ島のホクラニ岳に行くことをお勧めします。
出現する場所はホクラニ岳の山道の草むらで、メテノが捕まえられるところです。
メタモンはレアポケモンなので出現確率がかなり低いです。
ゲーム道の主もメタモンを見つけるのに、2時間も時間を使いましたからね。
出現したら、すぐさま捕まえましょう。
ポケモンサンムーンで殿堂入りしていない人は、10番道路でスカル団のしたっぱ達を倒してから挑戦することをお勧めします。
楽にメタモンを捕まえたい場合は、殿堂入りしてから挑戦しましょう。

2.みねうちを覚えたポケモンを手持ちに入れよう

メタモンを捕まえるには、みねうちという技を使って、HP1まで体力を減らしましょう。
おすすめポケモンとしては、オニドリルやガラガラ(アローラの姿)が挙げられます。
特にオニドリルは10番道路の木から出現するので、見つけたら必ず捕まえておきましょう。
この手法はウルトラビーストや伝説ポケモンに捕まえる時によく使われますが、メタモンを捕まえる時に使っておいて損はありません。
HP1まで減らしたら、さいみんじゅつやでんじはを使って状態異常にしましょう。
そうしたら、ハイパーボール(夜だったらダークボールもおすすめ)を投げましょう。
メタモンは見つけるのは難しいですが、伝説ポケモンとは違って捕まえやすいです。

3.ポケモンバンクから連れてくる手も

前作(X・Y、オメガルビー・アルファサファイア)でメタモンを捕まえた人は、ポケモンバンクからメタモンを連れ出す手もあります。
ポケモンバンクは前作で捕まえたポケモンを無限大に入れることができます。
この方法はホクラニ岳で捕まえる方法よりもずっと楽チンです。
サンムーンで初めてポケモンをやる人や、前作にメタモンがいないプレイヤーは、ホクラニ岳で根気よく探しましょう。

まとめ

ここまでサンムーンでメタモンをつかまる方法について紹介しました。
捕まえる手順を簡単にまとめると、

  1. .オニドリル等みねうちを覚えたポケモンを手持ちに入れる(さいみんじゅつ等状態異常技を覚えたポケモンも)
  2. ハイパーボールを大量に買っておく
  3. ホクラニ岳に行って草むらで根気よく探す
  4. メタモンを見つけたら、オニドリルを繰り出してみねうちでHP1まで減らす
  5. そしたら、状態異常技を覚えたポケモンに交代させて、メタモンを状態異常にさせる
  6. 全てが終わったら、ハイパーボールでメタモンを捕獲
  7. .完了!

となります!
メタモンはタマゴを入手するにあたって、超重要なポケモンです。
タマゴを大量に入手したい人はメタモンをうまく活用しましょう!
ここまで「ゲーム道」の記事を読んでくれてありがとうございます。