スプラトゥーンには個性的な16のステージがあります。
1つのステージごとに特徴が違うので、ステージに合わせた攻略法が必要になってきます。
今回はその中でも人気が高い6つのステージを、特徴や攻略法とともにまとめて紹介します。

6つのステージを紹介!

1.モンガラキャンプ場

自陣と敵陣がはっきり分かれているのが特徴なステージです。
そのため、自陣の状況に気付きにくく、気づいていたら自陣が塗られていたなんてこともあります。
なので、自陣をきっちり固めてから敵陣に攻めることをおすすめします。
ナワバリバトルでは終了1分前に水門が開くので、それを機に敵陣を攻めるのもいいでしょう。
ステージがかなり広いので、ローラーとシューターを持っている人は有利です。

2.キンメダイ美術館

2015年11月のアップデートで追加されたステージで、3番に広いです。
このステージは「美術館」の名の通り、あちこちに美術品が書かれているおり、回転する壁が5つあるのが特徴です。
そのため、他のステージにはない駆け引きを楽しむことができます。
特に中央の回転壁は激戦区になりやすいので、相手よりも先に確保してバトルを有利に進めましょう。
また、脇から攻める戦法もありますが、すぐにやられてしまうので、真っ先に中央に向かいましょう。

3.ハコフグ倉庫

このステージはシオノメ油田とともに最も古いステージの1つで、かなり障害物が多いかつシンプルな構成で占められているのが特徴です。
中央はぶつかり合いが発生しやすいですが、ここを確保しないとまず勝つのは難しいです。
もし、中央を取られたら、左高台からナワバリの取り返しを図る形でいきましょう。
中央を取るには味方チームとの連携が大事です。

4.ショッツル鉱山

ショッツル鉱山は全ステージで1番面積が広く、いくつものベルトコンベアが流れているのが特徴です。
ステージの左右にはそれぞれ広場がありますが、そこを2つとも押さえれば有利になります。
ただし、両方とも相手に取られてしまうと、切羽詰まった状況になるので十分に気をつけてください。
かなり広いので、プロモデラーRGのような塗り面積が広いブキを使うことをおすすめします。

5.Bバスパーク

このステージは全ステージで1番狭く、全体にデコボコな傾斜があるのが特徴です。
中央の高台からの見晴らしはいいですが、油断しているとやられてしまいます。
しかも、高台は勝利する上で重要な拠点地です。
高台の壁から攻める相手もたくさんいるので、敵チームが攻める前に高台に登れるように確保してください。

6.モズク農園

モズクはドームに覆われた農園を舞台にしたステージで、自陣、中央、敵陣の3つの構成で分かれているのが特徴です。
ステージが広いので、バトルスタート直後は塗り残しが多くなるので、自陣を早めに固めるのをおすすめします。
中央を占領する場合は敵の状況を確認して対処するのをおすすめします。

まとめ

ここまで紹介した6つの人気ステージをまとめます。

  • ショッツル鉱山
  • モズク農園
  • Bバスパーク
  • モンガラキャンプ場
  • キンメダイ美術館
  • ハコフグ倉庫

これらのステージはそれぞれ構成やそれにともなったナワバリの確保方法が違います。
スプラトゥーンのプレイヤーはこういった人気ステージの特徴を生かしてイカしたバトルを有利に進めて下さい!