【スマブラSP】DLC枠の意外すぎるキャラを予想してみた

こんにちは、ゲーム道の主です。
11月の任天堂ダイレクトで発表されあスマブラSP。満員電車に乗って疲労困憊の最中に閲覧しましたが、DLC枠として5人が追加される嬉しいニュースを知りました。

動画によれば、DLC枠はダッシュファイターではなくステージや音楽含めて全て一から作るとのこと。
1年間かかりますが、それだけ本気出して制作して下さるわけだから楽しみですね。これで2500円とはさすがに安すぎます。
一体どんなキャラがDLC枠として参戦するのでしょうか?
今回はスマブラSPのDLC枠ファイターを予想していきます。

スマブラSPのDLC枠キャラは全て他社枠

以下のツイートによれば、DLC枠は任天堂が全て取り決めるということ。


スマブラ制作に大いに携わった会社なので、それはそれで当然です。
が…。1人目はまさかのペルソナのジョーカー!初っ端から他社枠、しかも発売日に公表するとは管理人ながら予想外の出来事でした。

任天堂内のキャラならまだしもペルソナキャラ参戦となると、「本当に任天堂が決めてるの?」と疑わしく思います。(いい意味で)
私の予想では、ワリオのアシュリーやゼノブレイドのムムカが参戦するとイメージしていましたが、完全に斜め上をいっています。
ということは後述する残りの4人も他社枠かつ予想外のキャラクターということになるでしょう。

東方projectの博麗霊夢

意外すぎるかもしれませんが、管理人としては東方から博麗霊夢が参戦すると予想します。
東方は一見任天堂と無縁のイメージがありますが、そんなことはなく「東方紅舞闘V」がスイッチのダウンロードソフトとして販売されています。
東方がスイッチのソフトとして、正式に発売されたのは嬉しいこと。管理人自身「東方紅魔郷」や「東方紅魔郷」をプレイしたのである程度の馴染みはあります。
霊夢が実際に参戦するとしたら、ステージは博麗神社か紅魔館が収録されるでしょう。
ただ、あまりにも予想外すぎるので参戦する可能性は低いです。

ぷよぷよのアルル

日本を代表するパズルゲームとして有名なぷよぷよからは、主人公的存在としてアルルが参戦するでしょう。
根拠としては、同じくセガキャラのソニックが参戦した事実が挙げられます。
なので、ぷよぷよも近い将来スマブラとコラボするかもしれません。
ステージはアミティが在籍している魔道学校が、アシストフィギュアとしては魔法使いのウィッチが登場します。
これはあくまでも予想なので、主人公格のアミティが参戦するかもしれません。

世界樹のナイトシッカー

スマブラDLC枠としては、世界樹からナイトシッカーが参戦すると予想します。
その根拠として、去年の世界樹の人気投票(参考:http://sq-atlus.jp/sfd2/jobvote/)で栄光の1位に輝いたこととジョーカー参戦が決定したこと。
実はジョーカーと同様アトラスのキャラなので、参戦してもおかしくはないでしょう。
参戦が実現すれば、風馳ノ草原を舞台にしたステージが収録される可能性が。
ペルソナに続き世界樹まで参戦したら、アトラスさんは大喜びでしょう。

太鼓の達人のどんちゃん

霊夢のほかには太鼓の達人のどんちゃんも参戦する可能性も。
バンナムのキャラで戦いに合わなそうなイメージですが、むらびとやしずえさんがスマブラに出ている事実を考えると近い将来参戦してもおかしくありません。
ステージは夏の日本のお祭り会場的な場所が舞台になるでしょう。
もし参戦したら、ジョーカーやパックンフラワーとは違い意味でゲーム界をざわつかせるのかもしれません。
今後が楽しみですね。

今後はアニメキャラも出る可能性も

ここまで参戦が予想されるゲームキャラを紹介しましたが、桜井さんの予想を覆すサプライズから察するにアニメキャラも参戦する可能性も。
というのもスマブラ64以前にアニメキャラの参戦も計画されていたからです。
当時はまだ21世紀を迎えていないので、エヴァのアスカ等が参戦検討されていたでしょう。
この計画には桜井さんも関わっているので、アニメキャラが参戦する信憑性は少しは増したのではないかと思います。
有名キャラクターとしては、ドラゴンボールの悟空、ワンピースのルフィが参戦するでしょう。
もし、それが実現したらジョーカーの時以上に盛り上がるかもしれません。

まとめ

ここまでDLC枠に誰が参戦するか予想しました。

  • DLC枠第1弾で他社キャラ参戦発表されたことから、全員他社枠かもしれない
  • 残りの4人はぷよぷよのアルル、世界樹のナイトシッカー、太鼓の達人のどんちゃんら東方の博麗霊夢が参戦する可能性が
  • アニメキャラは初代スマブラ以前に参戦も検討されていた過去から、将来スマブラに出る可能性がある

この記事でDLC枠を予想したものの、以上のキャラが参戦するかどうかは桜井さんのご意思次第。
こうなると、ますます予測不可能ですね。
最後までゲーム道の記事を読んでくださってありがとうございます。